ワキガ手術の流れ|ワキガとは何か|正しい理解で正しいワキガの治療を
レディー

ワキガとは何か|正しい理解で正しいワキガの治療を

ワキガ手術の流れ

女性

ワキガの治療の進行は、基本的に全体の流れはほとんど同じです。まず手術をしたい旨を話し、カウンセリングを受けた後同意書などにサインをし、手術を行って終了です。わきが手術は治療後入院する必要がなく、治療が終わればあとは自宅に帰っても問題ありません。しかし、縫合している場合は抜糸をしなければならないので通院する必要がありますし、手術内容によっては脇の下を固定しなければならない場合もあります。ここでは、そんな手術の方法について知っていきましょう。
まずは、剪除法です。これは唯一保険が適用される手術方法であり、特別な器具を使って脇の下のアポクリン汗腺を除去します。保険が適用されるため安価で行なえますし、確実にワキガの治療は行なえますが脇の下を長い間固定しなければなりません。逆に、回復が早い手術方法はクアドラカット法といいます。これは脇の下を少し切開し、そこから専用の器具を入れてアポクリン汗腺を除去し、摘出するという方法です。これは脇の下の傷がほとんど目立たない治療方法ですが、保険適用外です。
他にも、目立たない治療方法でいえばレーザー治療が有ります。これはレーザーを照射してアポクリン汗腺を破壊した後、専用の器具で破壊したアポクリン汗腺を吸い取って治すという方法です。これは傷がほとんど残りませんが、切開するわけではなく完全にワキガを治療できるというわけではありません。しかし、傷跡が一切残らないので非常に魅力的な治療法でもあります。